カンナのあるお庭を訪ねて

京都のカンナのあるお宅訪問

こんにちは。

ディーズガーデンの東野(とうの)です。

 

さて、今回は滋賀県の特約店様

風我里」(ふわり)の中村社長にご紹介して頂き、

京都市内のお宅におうかがい致しました。

 

ディーズガーデン本社から車で20分ほど走った

Y様邸が今回のお宅です。

fuyocan3.jpg

そのお庭がこちら。

お庭に使われているのは植栽や石、煉瓦と自然素材ばかり。

ナチュラルで素敵なお庭です。

 

fuyoni1.jpg

さらにこちらはお家の裏側の斜面が公園となっており、

まるで広々とした裏庭があるよう。

お家の大きな窓から拝見するとこんな感じになります。

写真で見える生垣の向こうが公園です。

解放感がありとても気持ちいいですね。

 

そしてY様邸のカンナはそんな素敵なお庭への入り口にありました。

fuyocan1.jpg

表側から見るとこんな感じで側面しか見えませんが・・・

fuyocan2.jpg

お庭に入ってくると

柱のブラウン色のレンガがお庭のレンガに

しっかりマッチして自然な様子でたたずんでいます。

 

ちなみに中見はご主人のバーベキューセット一式で

約90%が占められていました(笑)

 

当初はガーデニング用品等を収納するご予定

だったそうですが、このお庭が出来たことで

自宅でバーベキューをされるようになったとの事です。

広いスペースがあるので

みんなで集まってワイワイするのには

もってこいですね。

その様子が目に浮かびます。

ちなみに左手に見えるお隣とのフェンスは

ディーズガーデンのアルファウッド。

fuyoaru1.jpg

ナチュラルな雰囲気のお庭づくりの

お手伝いをさせて頂いています。

 

さてこうしてカンナはご主人専用の収納と

化している訳ですが(笑)

お庭には奥様がこだわってご要望されたものが

ありました。

fuyosink1.jpg

それがこちらのガーデンシンク&ベンチ。

こちらは風我里さんのオリジナルです。

当初サイズも設置場所も異なっていたものを

奥様のご要望であーでもない、こーでもないと

今の形になったとか。

 

でもそれだけに

お庭の中でもしっかり存在感があります。

バーベキューの時には大活躍なんでしょうね。

fuyosink2.jpg

(よく見るとディーズのミニフックもご利用頂いていますね。)

 

さてそして、こんな風に素敵なお庭でカンナをご愛用頂いている

Y様にカンナとの出会いのお話をおうかがい致しました。

 

元々カンナ自体はご存じではなく、

当初「普通の物置」を置くご予定だったそうです。

 

ただやっぱりあんまりお庭の中に

スチールの物置を置きたくない、という思いはお持ちでした。

 

そこで中村社長がご提案されたのが

「カンナ」だったとの事です。

 

写真で見て、風我里さんのお店で実物を見て

これなら置いても良いということで決定。

 

置く場所が今の場所になったのにも

理由がありました。

 

Y様邸の左隣はまだ更地ですが、

将来的にお家が建つとお庭が丸見えになってしまいます。

 

そこで目隠しの要素も兼ねて

お隣との境となり、お庭のプライベートスペースが

隠れるように設置されました。

DSC03627.jpg

お家の中から見ると、

お庭の家に近いスペースを

カンナがさえぎってくれています。

DSC03607.jpg

そしてお隣から見た場合は

こんな感じです。

あると無いとでは随分見え方も変わりそうです。

お庭のオブジェとして、収納として、

そして目隠しとして、一石三鳥にカンナをフル活用して頂き

ありがとうございます!

 

最後は奥様におススメ頂いた

お家とお庭そしてカンナの全景がみられる

ポイントからの1枚です。

DSC03605.jpg

終始にこやかに、そして親切にお話をしてくださいました

Y様ご夫妻、本当にありがとうございました。

お二人の温かいお人柄がそのまま表れたような、

優しい雰囲気のお家、そしてお庭でした。

末永くカンナはじめディーズ商品をご愛用頂ければと思います。

 

そして、こんな素敵なご夫妻とお庭を

ご紹介いただいた風我里にも大感謝です。

本当にありがとうございました!

このページの先頭へ