« お庭のスリム収納「カンナシュガー」 | メイン

目隠しフェンスの上手な選び方

2019年08月02日

こんにちは。
ディーズガーデン 西日本地区担当・佐賀と申します。

長い梅雨から一転、
各地で猛暑日が続いております。
皆様も熱中症などには、どうぞお気を付け下さい。

さて、今回は
戸建住宅に住まわれる方のお悩みの一つ
「目隠し」についてご紹介します。

「道路からの視線」
「隣地からの視線」が気になって
リビングはカーテンを閉めたまま
お庭にも気軽に出られない・・・

そんなお悩みを解決するアイテムの一つが
「目隠しフェンス」

ディーズガーデンでは「アルファウッド」という
板塀式の商品をご用意しております。

数ある商品の中でも、
最近特にご注文が増えているのが
コチラ↓

IMG_2387.jpg


写真だけでは分かりにくいかも知れません。

ですので
この事例のポイントを詳しくご説明します。

●板のサイズ
市販されている多くの板材は
横にした時の高さが100㎜~140㎜です。
(主に使われるのは120㎜)

それに比べて、
上でご紹介した板材は180㎜と大きくなっています。

板は大きくなると
「施工枚数が減る」「作業も早くなる」
「隙間の数が減る」「目隠し効果が高くなる」
という利点があります。

●支柱
ブロック3段(600㎜)の上に、
1,200㎜の板塀を設置をしています。

ブロックを多く積み上げるより
コストもかからず、色やデザインに自由度が増します。

例えば、このように

IMG_2364.jpg

板材の色を変えて建物に合わせることも可能です。


「・・・でも樹脂で作った板塀って、耐久性に問題があるのは?」

というご質問も多くいただきます。


ここでご紹介した2つの事例は
南国・鹿児島県


さらに、この板材「アルファウッド」は
寒冷地となる北海道・北見市にも設置実績があります。

既に全国で、多くのご家庭に
プライベート空間をご提供しています。

「視線」でお悩みの方、
どうぞお気軽に全国のディーズガーデン特約店(工事店)へ
ご相談下さい。

※施工事例提供
「ワン・ツリー」(鹿児島県姶良市)

ディーズガーデンクラブは全国のお庭と外構のデザイン提案型エクステリア専門店です。