素材感を大切にしたナチュラルな外構デザイン

2011年02月01日

ナチュラル派の外構デザイン
作者/豊田ガーデン 大木ミツル氏のコメント

 やさしい色合いの木製フェンス、ホワイトレンガやアンティーク舗石たち。全体の色調や導線に気を配りプランすることで、さわやかな風が奏でる木々に囲まれたアプローチを造り上げました。
 門柱は、ブルーのガラスの表札「G-04」をアクセントに使い、その下に真っ白な陶器のインターホンカバー「C-13」を配置することで、シーンをバランス良く引き立てています。

ナチュラルな門柱デザイン















  デザインは、庭のほんの骨格に過ぎません。庭とは、作りこみ過ぎないこと、材料の素材感を大事にすること、家と人と植物が一体となって年を重ねていくこと。そうすることで、心が豊かになり、人の体温が感じられる空間を育むことができると考えています。



【外構デザイン】  豊田ガーデン(愛知県)



施工イメージのページもご覧ください。


ディーズガーデンクラブは全国のお庭と外構のデザイン提案型エクステリア専門店です。